よくあるご質問

Topページ > よくあるご質問

残業代の基準を教えて下さい。

始業時間前の手待ち時間や、終業時刻後の残の処理といった所定の勤務時間の前後に1分でも働けば残業代を支払わなければなりません。

何が残業時間の証拠になるのですか?

印字式のタイムカードや、PCに組み込まれた勤怠システムのデータは、ほぼ確実な証拠となります。 次に有力な証拠は、自動車の動静を表す「デジタルタコグラフ」、出勤時前後もしくは退勤前後のメール履歴(少なくともその送信時刻にはPCでの労務を提供していたことを証明する)、PCのログの履歴など、機会的・客観的なものとしての証明力が高いです。

就業規則をきちんと整備すれば未払いの残業代請求のリスクは回避できますか?

就業規則の内容を、会社の実態をふまえてきちんと整備すればリスク軽減は可能です。ただし、根本的な長時間労働が当たり前になっている場合は、その点について従業員がもっている不満感は解決できません。その為、実際の労働時間を効率的に短縮していく取組みは欠かせません。

まずは相談だけをおねがいできますか?

相談だけでもお受けしています。相談時に就業規則や雇用契約書、賃金台帳や時間管理方法などの情報円(提供を頂けばアドバイス可能です。
料金は1時間8,000円(税別)札幌市外へ訪問する場合は別途訪問費用を申し受けます。ただし、契約に至った場合は相談料を差引させていただきます。

就業規則のみスポット(単発) 業務でもお願いできますか?

もちろんスポット業務もお受けしておりますが、万全な対策を講じるためには、就業規則だけではなく、雇用契約書や賃金台帳等の労務管理に関する帳簿全般を見直す必要があることをご理解ください。

就業規則や雇用契約書の他、労務管理の改善を全般的にお願いする場合にはいくらですか?

業種や従業員数等にもよりますが、基本料金は150,000円(税別)からとなっております。

労務管理の改善にかかるコストに対して、助成金などを受けることができますか?

助成金制度は随時変わりますので、断言はできませんが御社の労務管理に関する現状を分析した上で、利用可能な助成金を提案することは可能です。

社会保険労務士法人Synergy(シナジー)〒060-0032 札幌市中央区北2条東11丁目23番 松浦ビル1F 電話:011-302-7301(代表)FAX:011-302-7302

メールでお問い合わせ