付加金と遅延利息

Topページ > 付加金と遅延利息

付加金と遅延利息

未払い残業代請求が来たときに支払う金額は、残業代だけではありません。
残業代のほかに、「遅延利息」とほとんどの場合「付加金」として残業代と同等の金額の支払いを請求されます。
遅延利息は、退職日までは6%、退職日以降は14.6%が請求されます。
付加金は、裁判所に未払い残業代の請求をするときに未払い額と同額を請求できるもので、
未払いの残業代が200万円だった場合、
そこに付加金が加わると倍の金額400万円を支払うことになります。
上記の場合、最大で400万円+遅延利息の請求が求められます。

専門家は付加金もしっかり請求してくる

残業代請求をされた時、相手の後ろに専門家がついている場合、専門家は成功報酬の形態をとっている場合が多いこともあり「付加金」も請求出来るようしっかりと準備をしてきます。
そうなれば請求される金額も大きくなり、会社の負担も大きくなってしまいます。

請求されてからでは遅いのが、未払い残業代請求の
怖いところ

未払い残業代請求は、請求されてからできることは限られています。
そして請求をされた場合、法律的には支払う義務があるため、
支払いを余儀なくされてしまうのです。
未払い残業代請求から会社を守るには、事前に対策を行うしか手段がありません。

社会保険労務士法人Synergy(シナジー)〒060-0032 札幌市中央区北2条東11丁目23番 松浦ビル1F 電話:011-302-7301(代表)FAX:011-302-7302

メールでお問い合わせ