支払額の例

Topページ > 支払額の例

未払いの残業代は遡及(そきゅう)払いになります。
※遡及払いとは、過去のある時点までさかのぼって支払うこと。過去3ヶ月から、最大で過去2年間分まで遡って請求されます。 もし相手が未払い残業代請求のプロに依頼をしている場合、多くの場合において過去2年分の請求をされています。

請求金額の例

月給30万円の社員が毎日1時間サービス残業をしていた場合、未払い残業代の額は2年間で約110万円になります。さらに付加金が加わると、最悪の場合は倍の金額220万円を支払うことになります。

複数の社員が請求してくる場合も

未払い残業代請求でこれだけの金額を手に入れることを知った社員数名で一緒に請求してくる場合は、退職後に未払い残業代請求をした人から話を聞いた社員が続いて請求をしてくる場合など、複数の社員から請求される場合も少なくありません。

従業員全員への残業代支払い

稀に労働基準監督署の調査が入り、全従業員に未払い残業代の支払いを命じられる場合があります。 「未払い残業代の支払い」を最小限に抑えられるよう対策をしておかなければ、取り返しの付かない金額の支払いが発生してしまいます。

未払い残業代・付加金の利息

未払い残業代・付加金には利息があり、支払わないでいるとかなり高い利息で債務が増えていきます。 未払い残業代は不払いのときから年利6%の遅延損害金を請求されます。 従業員が会社を退職した後は「賃金の支払の確保等に関する法律」の第6条に基づき、年利14.6%の遅延損害金を請求されます。 また、付加金に対しても、付加金が認められた日から年利5%の遅延損害金が加算されます。

請求されてからでは遅い

未払い残業代の請求をされた場合、法律的には支払う義務があるため、支払いを余儀なくされてしまいます。 ですので、事前の対策をすることが未払い残業代請求を防ぐ唯一の手段となります。 

社会保険労務士法人Synergy(シナジー)〒060-0032 札幌市中央区北2条東11丁目23番 松浦ビル1F 電話:011-302-7301(代表)FAX:011-302-7302

メールでお問い合わせ