業務実態の見直しと分析

Topページ > 業務実態の見直しと分析

業務実態の見直しは避けられません

従業員が実際何時間残業しているか把握していますか?
対策の第一歩は、残業実態の把握と分析になります。
正確な残業時間を把握するには、始業時刻から終業時刻を記入する形式の日報などによる「労働時間の管理」が必要となります。
例えば出席簿で管理している場合は「実際の労働時間」が分からないので前述のような改善が必要です。

残業実態の分析・試算

残業実態を把握した後は「分析」が必要です。
残業実態の「分析」を行い、残業時間の短縮化を図れる手段は無いのか検証・試算し、現在のリスクの把握と残業時間が最小限になるよう業務改善を行うことが必要です。
簡単な作業ではありませんが、未払い残業代請求は小手先の対応は通用しません。

このように未払い残業代請求対策の第一歩は【業務実態の見直し・分析】が必要不可欠であり、一番大切なのは経営者が未払い残業代請求と向き合い対策に取り組むことです。
無駄な残業をさせないよう管理体制を見直し、残業をした分に対してはしっかりと残業代の支払いをすることが大切です。

シナジーでは豊富なノウハウで各社にベストな対策をご提案させて頂きます。
対策の一例を見る

社会保険労務士法人Synergy(シナジー)〒060-0032 札幌市中央区北2条東11丁目23番 松浦ビル1F 電話:011-302-7301(代表)FAX:011-302-7302

メールでお問い合わせ