就業規則の重要性

Topページ > 就業規則の重要性

未払い残業代請求から会社を守るには最低でも就業規則が必要

「就業規則なんて、形式的に作っておけば十分」
そのように思ってテンプレートを書き換えただけの就業規則を使っている会社は多いですが、これは会社が自ら非常に大きなリスクを抱えていることになります。

テンプレートの就業規則の危険性

テンプレートの就業規則でも、部分的に修正すれば会社を設立するための必要書類として通るため、ネット上などで手に入れたテンプレートを少し書き換えて使っている会社は非常に多いようです。
しかし、それらのテンプレートでは最低限の項目しか含まれていないことがほとんどです。 最低限の項目があれば必要書類としては通りますが、何かトラブルが起きた時には会社を守るために何の役にも立たないことがあります。
特に、残業代請求対策に関してしっかりと作られた就業規則を用意する場合は、、業種や従業員数など、会社の実態に合わせた内容にしなければ意味がありません。 要は会社の実態に合った就業規則を作らなければ意味がないのです。リスクを増大させることにもなるのです。

就業規則の重要性

残業代請求対策に非常に有効な「定額残業制」の導入や、残業申告制にするなどの場合には、就業規則で定める必要があります。残業時間を短縮したり、残業代の支払いを軽減することができ、未払い残業代請求対策では非常に重要な役割を果たすのが就業規則ですが、とりあえず形式的に作成した就業規則ではそこまでのことは考えられていません。

社会保険労務士などの、法律を熟知した者が会社の状況を熟知したうえで作成する就業規則と、どこでも通用するように形式的な内容だけが書かれたテンプレートで作成した就業規則ではその内容は大きく違います。
法律の改正に対応した最新の内容と、会社の状況をしっかりと把握した就業規則を作成しておかなければ、思わぬ労務トラブルに発展することもあります。トラブルが起きたときに会社を守るのは就業規則です。
法律上、非効率的に仕事を長引かせて残業を行った社員に対しても、法律上は残業代を支給する必要があります。
そのため就業規則で残業に関しての内容をしっかりと定めておく必要があります。
特に、残業代請求対策に関してしっかりと作られた就業規則を用意する場合は、業種や従業員数など、会社の実態に合わせた内容にしなければ意味がありません。 要は会社の実態に合った就業規則を作らなければ意味がないのです。リスクを増大させることにもなるのです。

社会保険労務士法人Synergy(シナジー)〒060-0032 札幌市中央区北2条東11丁目23番 松浦ビル1F 電話:011-302-7301(代表)FAX:011-302-7302

メールでお問い合わせ